軽自動車の保険 割引が各社の特徴をよく表す

軽自動車の保険 割引

自動車保険各社はそれぞれの顧客ターゲットを設定してシェア競争を行なっています。

各社のターゲットのわかりやすいバロメーターが保険料の割引であり、リスク細分の区分の仕方です。


このように、各社の特色が多様になったため、誰にでも共通して勧められる保険というものは無くなってしまったと言っていいでしょう。

したがって1社ごとに見るだけでは、どこが自分に最適なのか、どこが自分の加入条件で最も安くなるのかがなかなか分からなくなってしまいました。


自分がどこのターゲットにマッチしているかを知る手段は、、一括見積以外になくなってしまったといっていいかも知れません。
各社ともターゲットにマッチする加入者が最も保険料が安くなるからです。


自動車保険の割引効果を知り最適の保険を選ぶポイントは、
一括見積りでどこの割引体系にマッチしているのかを的確に知ることです。


一括見積りサービスには次のようなメリットもあります。

●たった1回の入力で、複数の保険会社に見積り依頼が届く
●メール又は郵送で回答が来るから楽々簡単
●複数の会社から選べるから納得!


軽自動車の保険 高いから安心だとは限らない


代理店手数料が「保険料の20%」だということをご存知でしたか?

専業のプロ代理店が業界の10%だということをご存知でしたか?

米国のように保険代理店の100%近くが専業「プロ代理店」であれば代理店系でも保険料の払い過ぎにはならないかも知れません。

代理店手数料分が「保険のプロ」に対する「安心料」になるからです。

でも日本ではの現実はどうでしょうか。


手数料20%上乗せの自動車保険を売る代理店の約9割がディーラーなど片手間の副業代理店だと言われています。

ネットで事情通の方々のほとんどが「代理店探しが重要」と言うのにはこういう背景があるわけです。

損保会社が代理店再教育をやったり専業代理店が「プロをよく探しなさい」と言ったりで、業界自身が代理店の「質の不均一」を認めています。

安心料付きの保険を買うのに、顧客が代理店を探さなければ安心が手に入らないというのでは、ちょっと問題なのではないでしょうか。


むしろ直接取引でこのような代理店問題が起こりえない通販型の方が、全国均一に事故対応サービス、無料サービスを提供するしくみを採っており、代理店のような当たり外れの心配がないという意味で、安心度が高いといえるでしょう。

金融庁の厳格な認可とチェックの下で行われる自動車保険事業にダンピングや手抜きは有り得ません。

安ければ安いほどその保険料は適正なものだということになります。


軽自動車の保険 割引|車好きにピッタリのカービュー一括見積もり


自動車保険の割引は各保険会社によって実に多種多様です。
各保険会社は独自の体系の割り引きを行ない競争しています。

ゴールド免許、走行距離5000キロ未満の人はA社が一番安くなり、
走行距離が大きくブルー免許の人だとM社の方が一番安くなるという具合です。

また個別の割引額が大きいからといって全体として最安になるとは限りません。
やはり一括見積りで確かめるしかないのです。


ある程度車や保険について経験があり車好きの方にピッタリの一括見積もりがあります。

カービューの一括見積もりは、定評の大手を厳選した最大8社の見積もりが可能です。
各社の割引の特色など一定の知識があリ、頭の中で絞込みができている中級者以上であればこの程度で十分かもしれません。

もちろん見積もりサイトには車関連のありがたい情報が満載です。



軽自動車の保険 割引|通販型の自動車保険


一括見積もりを行うと、保険料の安い自動車保険はほとんどがダイレクト系(通販)になります。
安いのは嬉しいがこんなに安くて大丈夫だろうか
という不安を感じるかもしれません。


でも心配はありません。ダイレクト系(通販)の保険料が安いのには明確な理由があるからです。
最も大きい理由は代理店手数料、支店維持費など中間コストを省いて「直接取引」を行っていることです。

代理店の手数料は保険料の20%に相当しますので、この差はまさに決定的です。
代理店型の保険料が5万円だとすると、通販型はこの手数料分が無くなるだけで黙っていても4万円になるわけです。


代理店業界の90%が副業代理店という日本の市場に、代理店を通さないダイレクト販売で「適正価格」を提示しているのがダイレクト系の自動車保険でしょう。
補償、事故対応、サービスなど保険の基本事項については、ダイレクト系も代理店系も金融庁認可の保険事業であるという点で何の違いもありません。


かつて、保険金の出し渋り問題で代理店系自動車保険大手が何社も金融庁から是正を受けたことがありましたが、このように問題があれば金融庁が放って置かないということです。


■通販型 事故の時大丈夫?

「代理店型の方がイザというときに安心」という言い方には、代理店が事故対応を行うようなニュアンスがありますが、代理店は事故対応を行うことはあり得ません。

事故対応は「保険会社が直接行う」という点は代理店型でも通販型でも同じことです。
専門家であっても代理店が事故対応のあっせんや仲介を行なえば法律違反になります。
事故の時の代理店のメリットはあくまでも「アドバイス」です。


ネットなどで「代理店の方が安心」だが「代理店探しが最も重要」というコメントが多いのは、アメリカなどと違い専業のプロ代理店が少ない(10%)という日本の市場の姿を表しています。
代理店が安心というのは、プロとしてのアドバイスが可能な専業の「プロ代理店」を通して契約する場合の話だと考えるべきです。


逆にダイレクト系は、事故対応24時間365日受付、初期対応365日実施、豊富な無料ロードサービスなど顧客全員が均一のサービスを受けられるしくみになっているのがメリットです。


●一括見積もりの利用者が増えています。

自動車保険の料金比較が車の保険見直しの際の最も重要なポイントになるでしょう。

自動車保険は保険会社によって取り扱う補償や費用が異なり、また通販型と代理店型、リスク細分型と従来型など商品タイプにより保険料金も様々に異なります。

でも各保険会社のたくさんのプランを1社ごとに見積もりを取って比較するのは時間的にも労力的にも非常に大変な作業になります。

そんな時に最適なのが無料の「自動車保険一括見積もりサービス」です。

ネットの自動車保険一括見積は、

・複数の会社から条件に合う最適な保険会社を絞り込むことができる

・1回の入力で複数の保険会社に見積り依頼が行なわれる

・メール又は郵送で回答が届くので簡単・便利

というメリットがある優れものです。

今では利用者も増加し、自動車保険を「安くしたい!」「見直したい!」という時に欠かせないサービスになっています。


●自分に最適の自動車保険が一覧で見えてくる

自動車保険一括見積なら自動車保険のおすすめを自分で知ることができます。

おすすめはどれかと言われても、車の使用状況、年齢、等級、免許証の色、家族の状況など、一人一人の条件の違いによってベストの自動車保険は違ってきます。

優良ドライバーであればゴールド免許割引のある自動車保険がベストになり、ブルー免許であったり走行距離が大きかったりすれば、免許の色や走行距離で保険料が変わらない自動車保険がベストになるといった具合です。

ある人にはおすすめでも別な人にはおすすめでなない場合があるのです。

自分にあったおすすめの自動車保険を知るための最も確かな近道は自動車保険一括見積もりをしてみることです。

各社の取り扱う自動車保険について、事故対応、現場緊急サービス、支払いスピードなどを把握しながら、見積もりの結果を各保険会社から受け取ることができるからです。

対面セールスのわずらわしさに悩まされることも無く、マイペースの比較・検討ができます。

自動車保険のおすすめを知る最も早くて確かな方法、それが自動車保険一括見積です。

Copyright © 軽自動車の保険 割引が各社ターゲットを表す All Rights Reserved.